化粧品成分の解説データベース

当サイトでは記事内に広告を掲載している場合がありますが、消費者庁の広告ガイドラインおよび化粧品工業会が定めた適正広告ガイドラインに則った運営をしております。問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

1,2‐ヘキサンジオールとは|化粧品の成分情報解説

1,2-ヘキサンジオールとは。化粧品成分解説。

1,2-ヘキサンジオールの構造式

化粧品(医薬部外品)に使われる1,2-ヘキサンジオールに関する成分を解説。

1,2-ヘキサンジオールは多くの化粧品や医薬部外品に配合されています。

このページでは、1,2-ヘキサンジオールの表示名称や安全性、配合目的、効能・効果などを解説していきます。

1、2ーヘキサンジオールの成分概要

安全性
EWGスコア
EWGスコア 1
表示名称1,2-ヘキサンジオール
医薬部外品名称
INCI名称
英文名称
1,2-Hexanediol
中文名称1,2-己二醇
韓国語1,2-헥산다이올
配合目的保湿剤 など
CAS 登録番号6920-22-5
定義本品は、次の化学式で表される二価アルコールである。
1,2-ヘキサンジオールの構造式C6H14O2
1,2-ヘキサンジオールの概要説明

アメリカの非営利環境団体による安全性スコアのこと。
詳しくは、右の青いリンクから確認してください。(ここをクリック

1,2-ヘキサンジオールの解説

グリセリンBGDPGなどと並びよく使われる保湿剤です。

静菌作用がかなり高く、韓国製の化粧品や原料のよく使用されています。

静菌性の高さのイメージは下記の通り。

1,2-ヘキサンジオール>ペンチレングリコール>>BG>>PG≧DPG

安全性について

EWGスコアはグリーンで、安全性は高い成分と言えるでしょう。

化粧品に20年以上の使用実績があり、アレルギーなどの大きな報告はされておりません。

また、国内外問わず配合量上限などの規制はありません。

しかしながら、BGなどに比べると刺激の強い成分であり、濃度を0.5%以上配合している場合では皮膚刺激性および皮膚感作性(アレルギー性)が出る可能性があるので人によって注意が必要です。

1,2-ヘキサンジオールが使われている化粧品一覧

準備中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA で保護されており、Google の プライバシーポリシー利用規約が適用されます。