化粧品成分の解説データベース

当サイトでは記事内に広告を掲載している場合がありますが、消費者庁の広告ガイドラインおよび化粧品工業会が定めた適正広告ガイドラインに則った運営をしております。問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

セラミドAPとは|化粧品の成分情報解説

セラミドAPとは。化粧品成分解説。

セラミドAPの構造式

化粧品(医薬部外品)に使われるセラミドAPに関する成分を解説。

セラミドAPは多くの化粧品や医薬部外品に配合されています。

このページでは、セラミドAPの表示名称や安全性、配合目的、効能・効果などを解説していきます。

セラミドAPの成分概要

安全性
EWGスコア
EWGスコア 1
表示名称セラミドAP
旧表示名称セラミド6Ⅱ
医薬部外品名称ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン
(別紙規格のため、使用前例が必要)
INCI名称
英文名称
Ceramide AP
中文名称神经酰胺 AP
韓国語
(ハングル)
세라마이드에이피
配合目的保湿剤 など
効果シワ
乾燥肌
敏感肌
CAS 登録番号
定義本品は、α-ヒドロキシ飽和脂肪酸又はα-ヒドロキシ不飽和脂肪酸が結合したD-エリトロ形のフィトスフィンゴシン(*)からなるN-アシル化スフィンゴリピドである。
セラミドAPの概要説明

アメリカの非営利環境団体による安全性スコアのこと。
詳しくは、右の青いリンクから確認してください。(ここをクリック

セラミドAPの解説

セラミドAPは、健康な肌のためを保つために必須の成分「セラミド」の一種です。

元々はセラミド6Ⅱという表示名称でした。

セラミドAPは、皮膚の上層に自然に存在する多くの種類のセラミドの1つです。

それらは、角層細胞間のすき間を満たして潤いを保ち、外部刺激から肌を守る、肌のバリア機能の主役となっています。

安全性について

EWG安全性スコアはグリーン。

ヒト型セラミドは、ヒトの皮膚や毛髪に存在するセラミドと同一の化学構造を有しています。

また、化粧品に使用される配合範囲内において皮膚刺激性や皮膚感作性はほとんどなく、安全性には問題のない成分であると考えられます。(参考文献:Safety Assessment of Ceramides as Used in Cosmetics

セラミドAPが使われている化粧品一覧

ケアセラ APフェイス&ボディクリーム(ロート製薬)

ロート製薬
¥1,182 (2024/05/19 13:13時点 | Amazon調べ)

ケアセラ APフェイス&ボディ乳液(ロート製薬)

ロート製薬
¥990 (2024/05/20 14:29時点 | 楽天市場調べ)

セラミドAPを含んだ化粧品原料

 

\ 情報更新のたびにお知らせが届く /

※化粧品成分の知識が増える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA で保護されており、Google の プライバシーポリシー利用規約が適用されます。