化粧品成分の解説データベース

当サイトでは記事内に広告を掲載している場合がありますが、消費者庁の広告ガイドラインおよび化粧品工業会が定めた適正広告ガイドラインに則った運営をしております。問題のある表現がございましたら、お問い合わせよりご一報いただけますと幸いです。

DPGとは|化粧品の成分や配合目的を解説

DPGとは。化粧品成分解説。

DPGの構造式

化粧品(医薬部外品)に使われるDPGに関する成分を解説。

DPGは多くの化粧品や医薬部外品に配合されています。

このページでは、DPGの表示名称や安全性、配合目的、効能・効果などを解説していきます。

DPGの成分概要

安全性
EWGスコア
EWGスコア 1-2
表示名称DPG
医薬部外品名称ジプロピレングリコール
INCI名称
英文名称
Dipropylene Glycol
中文名称双丙甘醇
韓国語다이프로필렌글라이콜
配合目的保湿剤 など
CAS 登録番号110-98-5
25265-71-8
定義本品は、次の化学式で表される二価アルコールである。
DPGの構造式C6H14O3
DPGの概要説明

アメリカの非営利環境団体による安全性スコアのこと。
詳しくは、右の青いリンクから確認してください。(ここをクリック

DPGの解説

多価アルコールに分類される成分で、無色透明なやや粘性のある液体。

グリセリンBGなどと同様に保湿成分として利用されています。

また、BGと同様に菌が育ちにくい環境をつくるはたらき(静菌性)にも優れていることから、少ない防腐剤で品質を保つためにも配合されています。

静菌作用はBG>DPGとなっています。

安全性について

EWGスコアはグリーンで、安全性は高い成分と言えるでしょう。

化粧品に40年以上の使用実績があり、アレルギーなどの大きな報告はされておりません。

また、国内外問わず配合量上限などの規制はありません。

DPGが使われている化粧品一覧

肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水(ロート製薬)

ロート製薬
¥814 (2024/05/12 21:15時点 | Yahooショッピング調べ)

DEW(デュウ)アフターグロウドロップ(カネボウ)

カネボウ
¥3,850 (2024/05/12 22:30時点 | 楽天市場調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA で保護されており、Google の プライバシーポリシー利用規約が適用されます。